どの企業のWiMAXも全て同じサービスである

どこ
WiMAXはUQコミュニケーションズが展開しているモバイルルーターを使ったサービスですが、実際にWiMAXを申し込むことができるプロバイダは何もUQだけではありません。公式であるUQ以外にもBroad WiMAXカシモWiMAXなど、提携先の企業がWiMAXの名前を借りて自社サービスであるかのように宣伝活動をおこなっています。

 

しかし、どの企業が宣伝するサービスも全てUQ WiMAXと全く同じものであり、あくまでも代理店が販売しているだけに過ぎないのです。それでは、一体なぜ公式以外のプロバイダでWiMAXを契約した方が良いのでしょうか。今回はそちらについて簡単に説明していきたいと思います。

各プロパイダの料金はそれぞれ違う

論より証拠ということで、ひとまず有名どころのプロバイダのキャンペーン内容を比較してみましょう。

カシモWiMAX

カシモ
カシモの場合は月額1280円という数字が真っ先に入ってきますが、実際には翌月から4000円以上の費用へと昇格するため、あくまでも安いのは初月だけ。主流のプランは3年契約で月々4050円のWiMAX+5Gプラン。WiFiサービスなのでモバイルルーターという端末が費用不可欠ですが、カシモの場合は無料で機器をレンタルすることが可能。返却時に正常に使える状態で返却することが絶対条件ですが、基本的にモバリルーターの寿命は3年間なので、1回は修理代を支払うことになるかもしれません。また、期間限定でAmazonギフロ券がもらえるなどというキャンペーンを開催している時期もあります。最大の特徴としては、二か月目以降はずっと料金が固定となるため、他社よりもある意味で安心できるプロバイダです。

Broad WiMAX

ブロード
Broad WiMAXはカシモよりも月々の支払がお得になる期間が少し長く、最大で三カ月間2000円という料金設定ですが、その後は4000円〜5000円へと跳ね上がります。このプロバイダの売りはクレカ払いオプション払いのコースへ加入すると2万円する初期費用が無料になるということですが、そもそも初期費用というものはWiMAX界隈では0円であることが当たり前であるため、あまり良心的なプロバイダとは言い難いでしょう。

GMOとくとくBB

GMO
もともとは悪質な高額キャッシュバック制度を使って大量に契約者数を稼いでいたプロバイダですが、最近はあまりのクレームの多さにいよいよ廃止が決定されたそうです。いまは通常のプロバイダとしてWiMAXの宣伝をおこなっています。そのためかセールスページのトップでは月額3780円という至極まともな料金の提示が。カシモと同じように端末代が0円ですが、その下に記載されているオリコン満足ランキングでは2年連続で優秀な成績を収めているそです。しかし、実際にはカテゴリ「広域プロバイダ部門」という記載を見るに、あくまでもプロバイダ全体としての評価であることが分かります。つまり、GMOとくとくBBが販売してきたWiMAXの契約者実績の数のみに限った話ではないということが良く分かります。根本的に狡いところは何も変わっていないのでしょう。

【公式】UQ WiMAX

一方で、公式であるUQの料金はというと、特に目立ったキャンペーンを開催している様子はなく、ホームページを覗いてみるとシンプルに月額4800円という記載のみが目に入りました。ただし、携帯電話のキャリア契約のように「WiMAX +5Gはじめる割」(当月から25ヵ月)が存在するため、実際に毎月支払う金額は4200円となっています。

公式と公式以外での契約時に異なる部分について

裁判

初期の月額料金が異なる

もしUQ以外のWiMAXプロバイダで契約をすると、必ず初月の料金が安くなりますが、UQの場合は初月からお得になるというシステムは一切ありません。ずっと定額で同じ料金となるため、ある意味で優しいと言えばそうですが、どうしても消費者目線で見るとキャンペーン価格に目が惹かれてしまうものです。ただし、総合的にいくら支払うことになるか、という観点から考えれば、決してUQでの契約も悪い話ではありません。

端末代金が有料

UQでWiMAXの契約を申し込むと高額な端末代金費用を請求されます。それもそのはず。公式サイトで契約をする場合はレンタルサービスなどを受けることができないため、1からモバルルーターサービスを購入させられてしまうのです。モバイルルーターは基本的に数万円するため、初期費用という意味ではUQでの申し込みはオススメできないかもしれません。

オプションサービス

UQ以外のプロバイダで契約をする場合、大体オプションサービスへの加入をオススメされることになります。しかし、ほとんどの人にとっては不要なものばかりなので、いちいち契約後に別途、お客様自身で解約する必要が出てくるのです。これに関しては手続きが面倒臭いですが、非公式で契約するということは、セールスが強くなってしまうということなので我慢するしかありません。

Try WiMAXサービスがない

これはUQでのみ試すことができる画期的なサービスです。UQの場合は無料トライアルキャンペーンに参加することができるため、本当に自分の住んでいる地域でWiMAXの電波が届いているのかを本契約の前に事前に確かめることが可能なのです。これは他のプロバイダでは存在しないサービスであり、文字通り無料で試すことができるため、堅実な消費者には人気のサービスとなっています。


このページの先頭へ戻る