便利なサービスの裏に隠れた秘密

秘密
日本国内のあらゆる人々に親しまれ幅位広い場面で活躍しているモバイルルーターサービスのWiMAX。全国規模で3500万人もの契約者数を突破した人気上昇中のポケットWiFiですが、光りには必ず影ができるもの。

 

ネット上にはWiMAXに対して批判的な意見も目立ちますし、「なぜ?」と感じてしまう要素も多いため、このサイトでは、WiMAXに対する疑問に対してなるべく誠実に回答していこうと考えています。

「WiMAXが他社よりもおすすめできる本当の理由は?」「どうしてネット上で賛否両論あるの?」「謎の青いキャラクターは何?」「やたら推されている5Gって何?」「WiMAXが本当に求められている理由は?」「あのCMなんであんなにウザいの?」「プロバイダはどこを選ぶべき?」「ホームルーターの存在意義って何?」

このような様々な角度から見た疑問をWiMAX愛用中の私が徹底的に解説していくのが当サイトの趣旨となっております。

2022年現時点でWiMAXは他人にオススメできる?

総合的に考えれば、WiMAXはインターネット回線の選択肢として非常に有意義であると私は思います。なぜなら、固定回線を敷くためのハードルがなく、さらにキャリア回線のように高額な費用を負担しなくても済むからです。

明らかに敷居が低い

笑顔
自宅でパソコンを使っている人は、誰もが一度は固定回線を敷くことに対する手間を感じたことがあるでしょう。回線契約〜ネット開通までの期間はおよそ1か月半というのが一般的。これでは、春先から新生活をおくる予定の学生に対して、引っ越し先では固定回線を契約しましょうとは言いづらいです。

 

また、日々忙しい社会人に対しても、わざわざ電話で契約をして工事の立会にまで参加させるようなこともオススメしづらく、さらに、休日の開通日を予定する場合は、待ち時間が一か月どころではなくなってしまうため、固定回線は本来、明らかにハードルが高いと言って良いでしょう。

 

しかし、WiMAXなどのポケットWiFiサービスであれば、そもそも工事をする必要がないため、申込み〜ネット開通までの時間が極端に短く、その間わずか1日ということもザラにあります。即日からルーターを送付してくれる業者も多くありますので、固定回線と比較すると、WiMAXのネット開通までのハードルの低さはとても優秀だと言わざるを得ません。

明らかにコスパが良い

安い
大手モバイル回線と比較した場合、WiMAXのサービス内容の方が圧倒的にデータ通信許容量という観点から優れていると言えます。一般の携帯電話では、ネットに接続する際に1GBで1000円近く取られてしまうことは珍しいことではありませんが、WiMAXの場合は3日で15GBというボリューム。さらにお値段は月額で4500円程度であるため、どう考えてもコストパフォーマンスが高いのです。

 

もちろん、WiMAXは持ち運びが可能なモバイルルーターサービスであることから、全国各地で気軽にインターネット接続が可能。つまり、利便性を考えると固定回線や携帯のネットプランよりも優秀であると断言することができます。
WiMAXはどこがおすすめ?


このページの先頭へ戻る